圓融寺について(縁起)
標準 標準 拡大
圓融寺について
圓融寺の縁起
碑文谷黒仁王尊
圓融寺のこぼれ話
ありし日の圓融寺
示真殿
幼稚園
AOZORA PROJECT ひと駅にひとつのフェアトレードマーケットを
禅×ヨガ「アーユルベーダ」
7GenerationsWalk
圓融寺ツイッター
圓融寺の縁起

目黒区碑文谷の閑静な住宅街に位置する経王山文殊院 圓融寺は、今から約1150年前、平安時代の仁寿3年(853)、慈覚大師による創建と伝えられる天台宗の古刹です。

草創当時は法服寺と名付けられましたが、鎌倉時代の弘安6年(1283)に、日蓮上人の高弟である日源上人によって日蓮宗に改宗され、寺号も法華寺と改められます。この日蓮宗時代は江戸中期までの約400年間続き、寛永年間前後には江戸近郊屈指の名刹として知られました。しかし、法華経の信者以外に布施を受けず・施さないという、いわゆる不受不施派の主義が幕府の忌諱にふれるところとなり、法華寺は取り潰しにあいます。

こうして、元禄11年(1698)に再び天台宗に改宗され、はじめは東叡山寛永寺の末寺、のちには比叡山延暦寺の末寺に属しました。やがて天保5年(1834)には円融寺と名が改められて現在に至っています。

国の重要文化財に指定されている東京都区内最古の木造建築「釈迦堂」の建築年代は室町時代とされています。
唐様建築の手法に和様を取り入れた優美な様式を今日に残しています。たおやかな曲線をもつ入母屋造りの屋根は、もとは茅葺きでしたが、昭和27年銅板に葺き替えられました。

釈迦堂


また、永禄2年(1559)の作「黒漆塗りの仁王像」は東京都の有形文化財に指定されています。
江戸時代中頃は霊験あらたかな「碑文谷の黒仁王」として人々から親しまれ、大勢の参拝客で賑わっていたと伝えられています。

荘厳かつ静謐な境内は、思わず手を合わせたくなるような神秘的な雰囲気に包まれています。

『江戸名所図会』にみるかつての圓融寺(法華寺)
『江戸名所図会』にみるかつての圓融寺(法華寺)  長谷川雪旦筆