仁王門の両脇間に安置される木造金剛力士立像は、永禄2年(1559)に鎌倉扇ヶ谷(おうぎがやつ)の権大僧都大蔵法眼によって作られました。
この仁王尊は霊験あらたかなことから江戸時代の庶民の篤い信仰をあつめ、「碑文谷仁王」「黒仁王」など呼ばれて親しまれました。江戸後期の資料によると、行楽をかねて泊りがけで参詣する人や、お堂に篭って断食して祈願する信者もあったようで、当時の繁栄ぶりがうかがえます。
圓融寺